自己紹介を兼ねた追記

 

自分語り強めです

 

 

もともと学生の頃はレコード屋さんでバイトしてたりして、ハードコアとかロックバンドが好きでした

 

(とっつーのバンダナにブルーハーツマーシーみを感じます)

(ジャニーズアイドルなのにそういう一般ウケしなそうな自己主張しちゃうところロックですてきでいとしい)

 

f:id:sumiiican:20180912024952j:image

これです

 

そんな感じで、ライブといえば地元のちっちゃい所しか行ったことがありませんでした

 

そのうち対バンの地下女子アイドルに出会い、楽しくてそっちに傾倒したりしました。

接触できるアイドル

認知されるよろこび

(初代BiSのゆっふぃーっていいます)

しかしややしてゆっふぃー脱退

 

推しがいなくなったからというのに加えて

就職して忙しくて時間がなくなり、界隈の人とも疎遠になり、なんかしらんが売れないバンドマンに腹まで立ってきたりして(完全な八つ当たり)離れてしまいました

 

そのうち宝塚やお芝居のチケットをたびたび頂く機会ができて、お付き合いで観に行ったりしていました。

徐々に生のお芝居を観ることがとても楽しくなりました。

時間と心に余裕のできたある時、

花組の男役ツートップに射抜かれて還らぬ人となりました

わたしの遅咲きのゆるヲタ人生のはじまりです…

 

以来、花組の宝塚公演は必ず観に行く

という楽しみができました

(とくに執拗に通ったのはポーの一族)

 

 

 

そしてゆるく続けていたアプリゲームのミュージカルも、劇場に行くことへの敷居が低くなっていて、なんとなく観に行ったらめっちゃ楽しい

(簡単に言うとヅカとジャニーズのハイブリッド)

しかもゲームの中の好きなキャラクターがかなりの寄せ具合で実在している…

 

ますますキャラクターをすきになり

2.5からのゆるい2次元ヲタまでかけもち

 

 

そしてこの夏えびちゃんと出会い

まさかジャニーズのうちわとペンライト振るやつする日が来るなんて思わなかった

 

 

理解の外側だった世界も、

自分が飛び込んで(うっかり沼に突っ込んで)みないとわからないもんだなって改めておもいました

 

メインカルチャーをなかなか好きになれずに拗らせて生きづらかった学生時代のわたしに、

大人になったらジャニーズのファンクラブ入って楽しそうにペンライト振ってるよって教えてあげたい。